現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.1~4】この世の地獄

【LEVEL.1~4】この世の地獄 【Lv.1~4】この世の地獄

概要

人間が「地獄」と呼称している場所は おもに4次元に存在していますが、それは同時に、6次元の『カルマ』、5次元の『意識体』、そして4次元の『時間と位置』によって、この3次元空間にも『この世の地獄』として再現されています。

 

それはとても身近な場所に存在しています。

 

例えば、テレビをつければ、すぐに「地獄」が再現されます。

新聞を読めば、すぐに「地獄」が再現されます。

インターネットTikTokLINETwitterYouTubeFacebook‥‥

誰も気付かない、気付こうとすらしない「地獄」が、そこには、ぽっかりと口を開けて待っています。

 

あるいは学校、あるいは職場、あるいは近所の寄り合いなど。

イジメ」「指導」「かわいがり」「ハラスメント」

オブラートに包みきれていない『犯罪』が、今この瞬間も至るところで発生しています。

 

それらは、小規模で再現された「地獄」そのものです。

 

そして、それらを直視せず、馬耳東風として受け流す者には、死後、相応の「地獄」が用意されています。

そのとき、あなたはどうなるのか。

今この場で実証するすべなどはありませんが、それは、あなたの「死後」明らかとなることでしょう。

後悔しても、決して戻ることの出来ない『不可逆カルマ』として。

 

さて‥‥

人間の犯した罪『カルマ』について、今一度、私たちと一緒に見つめ直してはみませんか?

 

『概要』内の単語のおもな外部リンク先

・テレビ:(実話)天才!志村動物園の放送されない闇を漫画にしてみた(マンガで分かる)|アシタノワダイ
・新聞:(アニメ)メディアが報道しない関西生コン事件とその後について漫画にしてみた(マンガで分かる)|アシタノワダイ
・地獄:【閲覧注意】女子高生コンクリート詰め殺人事件【史上最悪の少年犯罪】|闇夜のメアリー
・地獄:【実情】北朝鮮の女子大生に起きた最悪な出来事。その衝撃の理由とは…?|ネタざんまい
・インターネット:菅新首相の日本独裁化計画!デジタル省を使い全ての省庁.全ての国民.全ての野党議員の情報を牛耳り自身が院政をしき総理と自民党を操り日本の独裁者となることを企んでいる!|KoJi,s Deep Max
・TikTok:TikTokの闇|アシタノワダイ
・Twitter:さらにその背後にイスラエル.ロスチャイルドあり!|KoJi,s Deep Max
・YouTube:ウィグル.チベット.香港人弾圧に手を貸す邪悪な企業に天の鉄槌あれ!|KoJi,s Deep Max
・Facebook:何とFacebookアカウントを盗んでいたのはあの国のあの人だった!米国大統領選でトランプを勝たせるための世論操作のためにやっているらしい!|KoJi,s Deep Max
・イジメ:(実話)親友を生き埋めにしたDQN女子高生の事件を漫画にしてみた(マンガで分かる)|アシタノワダイ

菩薩の方々へ

『人間の裏側』を何も知らずに人間を救うこと。

『人間の裏側』を知ったうえで、それでも人間を救うこと。

 

この二つの間には、とてつもない『乖離かいり』が存在しています。

 

イエス如来さまがユダヤ人にされた残虐非道な行為を思い返してみてください。

 

あなたさまは、それでも本当に「全ての人間を救いたい」と思われますか?

 

その簡単な指標として、『この世の地獄』にてご紹介する記事をご一読くださいませ。

 

イメージ画像の出典:無料写真素材サイト『Unsplash』

『この世の地獄』の記事一覧はこちらです

生きる意味

【LEVEL.4】餓鬼畜生との対話

どうかお気を付けくださいませ。支那・朝鮮の魑魅魍魎は、今この瞬間も、『善人、仲間、あるいは近親者の皮を被りながら、そこにいるのがさも当然のように振舞って』いるのですよ。そう、あなたさまのお側にも‥‥
【LEVEL.3】現実世界を生きる人

【LEVEL.4】未解決事件と国家権力

こちらの記事では、『未解決となっている事件』『公訴時効を迎えてしまった事件』など、決して風化させてはいけない事件に関する動画をご紹介しております。 この場をお借りしまして、ご存命の被害者の方々、ご遺族の方々に謹んでお見舞いを申し上げますとともに、被害に遭われて亡くなられた方々に心より哀悼を捧げます。
【LEVEL.??】English Translation

【LEVEL.1~4】This is Koreans!

Just as an American cannot tell a Japanese from a Korean, the Japanese cannot tell an American from a Mexican. Likewise, you can't tell the difference between a Frenchman and an Italian, a German and a Portuguese, an Irishman and a Northern Irishman, an Englishman and an Argentine, a Ukrainian and a Russian. But are they exactly the same ethnicity? Are their thoughts and actions identical? In this article, we will introduce you to "the unusual reality and crimes of Koreans," which at first glance may look like "Japanese behavior" at first glance, with photos and videos.
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.4】ブタでもわかる?「やさしい はんざい」

詐欺師や犯罪者は、最初から「不正解」の選択肢しか用意しません。 「不正解1」と「不正解2」 この中から、意図したほうを選ばせます。 犯罪者が「不正解1」をこき下ろせば、頭の悪いブタさんは「不正解2」を正解だと勘違いします。 犯罪者が「不正解2」をこき下ろせば、頭の悪いブタさんは「不正解1」を正解だと勘違いします。 しかし、どちらを選んでも「不正解」です。 こちらの記事では、上述の理論を用いて行われた犯罪とそのメカニズムについて解説してまいります。 これが皆様の『気づき』の一助になりましたら幸いに存じます。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.1~4】脳機能障害者『サイコパス』について

映画では『羊たちの沈黙』シリーズでおなじみの『ハンニバル・レクター』。 実在の人物がモデルになっていることも有名ですが、典型的な『サイコパス』としても有名です。 では、この『サイコパス』とはいったい何者で、どんなところに存在しているのか。 こちらの記事では、それを、法律的、医学的、心理学的、脳科学的、それぞれの観点から解説しております。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.1】新聞社・出版社の背後にあるもの

「詐欺師」や「サイコパス」は、「カモの思い込み」を利用して犯罪を行います。 当然、それを信じさせるための「仕掛け」と「資金」と「バック」は盤石です。何しろ、70年以上も前から仕掛けられていた「超大がかりなペテン」なのですから。 ‥‥ということで、様々なサイトや動画から収集した情報をもとに、私が個人的に分析した『新聞社と出版社の背後にあるもの』を図表にしてまとめてみました。 この情報が皆様のお役に立ちましたら幸いに存じます。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.1】国営放送GHQ

※この「お話」はフィクションであってほしい「お話」です。 日本国に生息している圧倒的多数の「ゴイム」は何故かいまだに気付いていないようですが、日本国には『国営放送GHQ』というものが存在しています。 「受信料」という名目で、「チャイニーズ・マフィア」や「コリアン・ギャング」といった「反社会勢力」を使って、善良なあなたさまのもとへと「高額のみかじめ料」を強奪にくる有名な「あの組織」。 こちらの記事では、「あの組織の裏の顔」について、僅かばかりの情報をお届けいたします。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.1~4】拡散希望の転載記事『ある在日の告白』

今回ご紹介させていただく文章は、情報発信サイト『News U.S.』様に記載され、その後、Amebaブログ『あべなでしこ』様に転載されたものです。 いまだに「韓流ブーム」に浮かされている「ゴイム(ヘブライ語でブタどもの意味)」には、いささか刺激が強い内容となっております。 「この文章は本当に存在していたのか?」 「誰かの創作なのではないか?」 いろいろなご意見があるとは思われますが、あなたさまは以下の文章をお読みになって『何』を思い、そして、これから『どのように』行動なさるおつもりでしょうか? 今回ご紹介いたします文章が、皆様の『学び』の一助になりましたら幸いに存じます。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.1~4】VANK・第5軍・在日工作員による洗脳の手口

こちらの記事では、インターネット、SNS、コメント欄などで「犯罪者」がよく使用する手口について解説しております。
【LEVEL.3】身近な犯罪 研究室

【LEVEL.3~4】各国の政府が認める『盗聴と盗撮』

あなたは、インターネットやSNS上でこんな話を見聞きしたことはありませんか? 「LINEの親会社は韓国系企業のNAVERであり、その情報は全て韓国政府が盗み取っている」 こちらの記事では、こういった話から見えてくる『身近な犯罪』について、個人的に考察および解説をしております。
タイトルとURLをコピーしました