現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.4】第三次世界大戦 【LEVEL.4】第三次世界大戦

概要

『戦争の始まり』とは、いつ、どのような行為をもって『戦争の始まり』とされるのでしょうか?

 

例えば、もし仮に『太平洋戦争の始まり』を1945年の8月6日と認定した場合、『先制攻撃をしたのはアメリカ合衆国だ』ということになります。

この場合、いきなり原爆を「お見舞い」された被害国は日本であり、「お見舞い」した加害国はアメリカです。
そうすると、「世論」は180度ひっくり返ってしまいます。

 

では、1945年8月6日以前には何もなかったのでしょうか?

 

そんなことはありえません。物事には、『原因』と『結果』が必ず存在しているのです。

 

『米国が認定した歴史』によると、『太平洋戦争の始まり』は『1941年12月7日(ハワイ時間)』とされています。

 

では、それまで何も起こっていなかったのでしょうか?

何も存在しない所からいきなり爆撃部隊が現れて、真珠湾にあった軍港を攻撃したとでもいうのでしょうか?

 

そんなことはありえません。

 

当時、食料から石油に至るまで、徹底的てっていてきに『禁輸措置きんゆそち』を取られた日本は、国民を餓死がしさせるわけにもいかず、石油資源を確保するためにマレー半島へと侵攻。

そのさい、真っ先に応戦してくるであろうアメリカ軍の最前線基地が、ハワイの真珠湾に存在していました。

そこを制圧しておくことが、マレー半島の石油施設を奪取だっしゅする『最低条件』だったのです。

 

この情報を、当時「世界最強の暗号装置」とまで言われた「エニグマ」の暗号解読に成功したアメリカが、全くつかんでいなかった‥‥などということが、果たしてありえるのでしょうか?

 

このように、『戦争の始まり』など、『強者』や『勝利者』によっていくらでも定義できてしまうのです。

 

そこで、曖昧模糊あいまいもことした『戦争の現状』を、こちらの項目でお伝えしてまいりたいと考えております。

こちらでご紹介する情報が、少しでも皆様のお役に立てましたら幸いに存じます。

 

なぜか日本人が知らない『大東亜戦争』

ひとつの戦争の終わりは、新たな戦争の始まりです。

歴史は必ず繰り返します。

 

『第三次世界大戦の現状』を調べる前に、まずは『大東亜戦争』について私たちといっしょに学んでみませんか?

 

『最新の世界情勢』に関してはこちらの記事をご覧ください

 

『第三次世界大戦』に関する記事の一覧はこちらです

【LEVEL.3】現実世界を生きる人

【LEVEL.3~?】Nice boat.

いわゆる「サブカルチャー」に造詣の深い御方は、この単語を目にしたことがあるのではないでしょうか? インターネット掲示板や「まとめサイト」で散見されるこの単語。 その発祥(発症?)は、テレビアニメ『School Days』の最終話に放映された『とても画期的な実写映像』。 そこに映るものは、北欧と思しき美麗なるフィヨルドの運河をゆく一隻のフェリー。 最終話を楽しみにしていた視聴者の度肝を、ことごとく抜きまくっていきました。 そして、それを見た外国人が、インターネット掲示板『4chan』に思わず書き込んでしまった言葉(ことのは ではない)。 それが、『Nice boat.』なのです。 しかし、この実写映像はあくまでもフェイク。 本来であれば放映されていたはずの『最高の はっぴぃ♠えんど』が存在するのです。 それでは早速、ナイスなボートに隠されていた最終話。 そのラスト9分と、それまでのあらすじが僅か1分でわかる導入を、こちらの動画で併せてご覧くださいませ。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.4】YouTube による独裁と言論統制

2019年から2020年にかけて特に酷さを増した言論弾圧。 テレビや新聞はもとより、そこからしか情報を得ていないという「原始人」は最初から論外ですが、建前上、「自由に情報を発信できる場所」であったはずのインターネットやSNSでさえ、中国共産党による言論弾圧が深刻化しています。 そこで、こちらの記事では、『YouTubeによる言論弾圧・言論統制』に関する動画をご紹介しております。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.6】歴史の布石『選挙人投票日とYouTube』

日本時間:2020年12月14日の21時ごろから22時にかけて、YouTubeにて通信障害が発生いたしました。 (ワシントンD.C.時間:2020年12月14日 7時~8時) この2020年12月14日はアメリカ合衆国で『選挙人による大統領候補への投票』が実施される日付です。 信じられないような不正の数々が明らかになり、その証拠も発表され続けた大統領選挙。 しかし、それらの『証拠も提示された明らかな不正』は、新聞とテレビはもちろんのこと、インターネットやSNSの主要メディアによるニュースが報じることは決してありませんでした。 こちらの記事では、『12月14日に起こった YouTube の通信障害』についてご紹介しております。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.3~9】そもそも、『新型コロナウイルス』とは いったい何だったのか?

二度目の世界的ロックダウンが進み、日本でも「第3波」と呼ばれるものが騒がれ始めた昨今(2020年12月6日現在)。 そもそも、「 C O V I D - 1 9 」とはいったい何だったのかでしょうか? 今一度、私たちといっしょに『おさらい』をしてまいりましょう。 まずは、日本で「コロナウィルス」と呼ばれるものが認知され始めた2020年2月、YouTube にてご配信された動画をご覧くださいませ。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.3~6】地政学から見る日本列島の重要性

皆様は『地政学』という言葉をご存じでしょうか? 『国家』を運営するうえで決して欠かしてはいけないこの学問。 なぜか、日本国だけは実践どころか学んすらいません。 そこで、こちらの記事では、『地政学』についてとても分かりやすく解説されているYouTube動画をご紹介いたします。 これが分かれば、日本列島の重要性、そして、もともと異常な「特亜3国」がいつも厚顔無恥で、ありとあらゆる悪逆がまかり通ってしまう理由まで分かってしまいます。
生きる意味

【LEVEL.3~6】大流行?の『アドレナクロム』

有名人も御用達 まずは、トルコの国営放送(TGRT Haber)で『アドレナクロム』について報道ほうどうされた動画(同時通訳どうじつうやくと日本語字幕じまく付き)をご覧らんくださいませ。 2020年11月8日配信動画『...
【LEVEL.9】KoJi,s Deep Max《総合》

【LEVEL.3~11】聖典や経典から読み解く喫緊の未来

YouTubeチャンネル『KoJi,s Deep Max』でご配信されている動画『トランプ大統領選挙!錯綜する情報.二転三転する事態!シドニーパウエル離脱の真相!米国人がトランプを応援する原因はイエスとパウロの言葉!トランプは神に選ばれた人だと米国人が真剣に信じる原因はこれ』『結局.イエスの言葉のとうりに進む世界.今はこの文明の終わりの時.終末仏教でいう最末法ベーダのカリユガ!これが劇的に弥勒の世に変わるさてあなたは弥勒の世に入れる人かそれともザコキャラとして‥‥』についての補足説明と解説です。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.3~6】トランプ大統領の大逆転劇?

「マスゴミ」あるいは「カスゴミ」と揶揄されて久しい「日本のオールドメディア」。その「マスゴミ」が、今なお(11月20日現在)飽きることなく挙って「トランプの大敗北」と喚き散らしている2020年のアメリカ大統領選挙。度重なる不正と、それに関連する「ハリウッドスターの逮捕劇」も明るみに出始めました。 それに伴って、もしかしたら『その先』まで読んでいたかもしれないトランプ大統領陣営の「大逆転劇」が、にわかに真実味を帯びてきました。 こちらの記事では、「マスゴミにとって不都合な真実」を暴露されている動画をご紹介しております。 皆様の『学び』や『気付き』の一助になりましたら幸いに存じます。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.1~4】歴史の布石『トップニュース』

ポータルサイトにおける「トップニュース」とは、新聞で言うところの「三面記事」のようなものです。そこに載せているニュースによって閲覧者の数やクリック(もしくはタップ)数が変わり、それはすぐさま広告宣伝費や掲載手数料といった『企業を支えている収益』に直結してしまうからです。 それはまさに、『ポータルサイトの顔』であると同時に、『企業としての生命線』。 それほどまでに重要なトップニュース。 当然、そこには、「このニュースを見せたい!」という運営者や管理者の思惑が、面白いくらいに透けて見えてしまいます。 そこで、こちらの記事では、そういった思惑である『トップニュースの変遷』を、不定期に追ってみたいと考えております。 こちらの記事が、皆様の『学び』や『気付き』の一助になりましたら幸いに存じます。
【LEVEL.4】第三次世界大戦

【LEVEL.6】歴史の布石『大統領令』

よく、「伝家の宝刀」と表現される大統領令。 「みんしゅてきなせんきょ」によって選出された『アメリカ合衆国大統領』にのみ発動を許されるこの『命令』。 それはいったいどのようなもので、日本国に対してどのような影響を与えるのでしょうか? こちらの記事では、のちに『歴史の布石』となる大統領令についてご紹介いたします。
タイトルとURLをコピーしました