現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.10】法華経を理解する上で絶対必要な教え!シュレディンガー菩薩.ハイゼンベルク菩薩.エバレッタ菩薩の真空論!なぜ文明が4段階になり最末法にのみ如来が生まれるのか!《動画内容を途中までまとめてみました》

【LEVEL.10】人間を越えた人のためのチャンネル《総合》KoJi,s・Code動画の文章化
この記事は約10分で読めます。
受け継がれる『真なる教え』
覚醒の刻

記事の概要

こちらの記事は、『人間を越えた人のためのチャンネル』にてご配信されている動画『法華経を理解する上で絶対必要な教え!シュレディンガー菩薩.ハイゼンベルク菩薩.エバレッタ菩薩の真空論!なぜ文明が4段階になり最末法にのみ如来が生まれるのか!』の内容をまとめた記事でございます。

こちらの記事が、あなたさまの『学び』の一助になりましたら幸いに存じます。

今回、途中まで内容をまとめた動画はこちらでございます。

動画タイトル『法華経を理解する上で絶対必要な教え!シュレディンガー菩薩.ハイゼンベルク菩薩.エバレッタ菩薩の真空論!なぜ文明が4段階になり最末法にのみ如来が生まれるのか!』

法華経を理解する上で絶対必要な教え!シュレディンガー菩薩.ハイゼンベルク菩薩.エバレッタ菩薩の真空論!なぜ文明が4段階になり最末法にのみ如来が生まれるのか!
■動画再生時間:13分29秒  ■動画の投稿日:2021年1月29日  ■チャンネル名:人間を越えた人のためのチャンネル

動画内容を途中までまとめてみました

如来は最末法にしか現れない

お釈迦様もイエス様も生まれた時代は最末法さいまっぽう
イエス様の前には『像法ぞうほうの如来』と『正法せいほうの如来』がいて、お釈迦様しゃかさまの前にも『像法の如来』と『正法の如来』がいました。

(参考)お釈迦様が経典で語ったこと「私の前には二人 如来がいた」

法華経は『正法の如来(お釈迦様)』が『最末法の如来』に対して話しているという形式をとっています。

最末法には仏教はもう滅び去ってしまっていて、悪いそうたちが蔓延はびこっています。
そこで法華経を解き明かす如来になろうとすると、棒で叩かれ、土塊どかいを投げつけられ、やりで突かれるようなことになるけれど気を付けなさい。

お釈迦様から最末法の如来へのメッセージの要約

しかし、『授記じゅき』を受けたお釈迦様の弟子でしたちは「どんな時代であっても私たちは頑張がんばります。」とちかってからビッグバンを起こし、あちらこちらの世界に生まれ変わってゆきました。
これが『授記』であり、『法華経の中心的な課題』です。

なぜ如来が生まれるのは『末法の時代』なのか?

正法の如来であるお釈迦様が残した『第五の教え=法華経』を理解するためには、像法の如来であるイエス様の時代の中(イエス様の2000年間にわたる正法の中)に『何もない真空の構造がどうなっているのか』を語っている教えの流れが必要になります。

基本的には『ニュートン菩薩ぼさつ』『アインシュタイン菩薩』『ニールスボーア菩薩』の三人が土台となり、その上に一番重要な『真空の性質』を解き明かす『シュレディンガー菩薩』『ハイゼンベルク菩薩』『ヒュー・エヴェレット菩薩』がいます。

有名な『シュレディンガーの猫』が『宇宙の一切の情報が集合した何もない真空の状態』を表したたとえになっています。
そこに、ハイゼンベルクが『何もないならそれを観測する視点もないじゃないか』と問題提起しました。

参考資料:Wikipedia

◆アイザック・ニュートン

◆アルベルト・アインシュタイン

◆ニールス・ボーア

◆エルヴィン・シュレーディンガー

◆ヴェルナー・ハイゼンベルク

◆ヒュー・エヴェレット3世

参考資料:Wikipedia『シュレーディンガーの猫』

シュレーディンガーの猫(シュレーディンガーのねこ、シュレディンガーの猫とも、英: Schrödinger’s cat)は、1935年にオーストリアの物理学者エルヴィン・シュレーディンガーが発表した物理学的実在の量子力学的記述が不完全であると説明するために用いた思考実験。シュレーディンガーは、EPR論文を補足する論文の中で、観測されない限り重ね合わせであるとして記述すると巨視系の状態が状態見分けの原理(巨視的な観測をすれば区別できる巨視系の諸状態は観測の有無にかかわらず区別できるとする原理)を満たさないことを示す具体例としてこの思考実験を用いた。

 

本来は量子力学を批判するために用いられたものであったが、むしろ量子の世界の特異さを説明する例示として逆用され、後にエヴェレットの多世界解釈が生まれるきっかけの1つにもなった。量子論におけるいくつかの解釈や理論をシュレーディンガーの猫を使って説明するという例もよくある。

出典:Wikipedia『シュレーディンガーの猫』

■猫の生死に関する思考実験
ジョン・フォン・ノイマンは自著「量子力学の数学的基礎」において、隠れた変数理論の否定的証明を行い(ノイマンのNO-GO定理)、計算上で観測時に観測結果を選びとる射影公準を提唱し、観測する側とされる側の境界をどこにでも設定できるとした。 1935年、シュレディンガーはドイツ科学誌上で論文『量子力学の現状について』を発表し、射影公準における収縮がどの段階で起きるのかが明確でないことによって引き起こされる矛盾を示した。 一方で、佐藤勝彦は、その中で猫を使った思考実験を用いて、ミクロの世界の特有だという確率解釈の矛盾を突くことで、量子力学が未だ不完全な学問であることを証明しようとしたとしている。実験の内容は以下のとおりである。

 

猫と放射性元素のある密閉した鋼鉄の箱の中で、放射性元素の1時間あたりの原子崩壊確率を50%とし、ガイガー計数管が原子崩壊を検知すると電気的に猫が殺される仕掛けにすると、1時間経過時点における原子の状態を表す関数は

 

|原子の状態|=|放射線を放出した|+|放射線を放出していない|

 

という二つの状態の50%ずつの重ね合わせによって表される。その結果、猫の生死は、

 

|箱の中の状態|=|(放射線が放出されたので)猫が死んでいる|+|(放射線が放出されていないので)猫は生きている|

 

という50%ずつの重ね合わせの状態になる。つまり、箱の中では、箱を開けてそれを確認するまで、猫が死んでいる状態と生きている状態の重ね合わせになる。これは量子力学的には全くおかしいことではなく、観測による波束の収縮の結果が相互に排他的で両立し得ない性質を持つ2つの状態の間の選択になっているだけである。もしもこれが現実を記述しているとすれば、「巨視的な観測をする場合には、明確に区別して認識される巨視的な系の諸状態は、観測がされていてもいなくても区別される」という“状態見分けの原理”と矛盾する。シュレーディンガーはこのことをもって、量子力学的記述は未完成であると主張した。

 

このような重ね合わせの不思議さは、シュレーディンガー以前から考えられていたことであるが、M.ヤンマーはこの例が他の例と違うところは、観測という過程によって行き着く先が猫の生と死という互いに排他的な性質を持つ二つの状態間の選択になっているということである、と指摘している。[独自研究?]

 

同様に確率解釈の問題点をEPRパラドックスにより指摘することを試みたアインシュタインは、猫の生死という非常な身近な事柄で問題点を指摘したことに非常に感銘し、シュレディンガーに対して1950年に称賛する手紙を送っている。

出典:Wikipedia『シュレーディンガーの猫』

量子力学の基本

何もない真空の中に位置が決まる。位置は時間と空間の始まりになり、そこには生態系が生まれていて、地球のような惑星があり、知的生命体が生まれて初めて位置が決まる。そしてその知的生命体から『宇宙は138億年前に何もない真空の中から生まれ、星雲や銀河や惑星も生まれ、地球に生態系が生まれ、そして今私はこの宇宙を観察できる一つの位置になっているのだ』と認識できる。

位置がひとつ決まると、そこから『可能性の世界』が始まります。
10分後に観察者であるあなた(もしくは私)がどうなっているのかはわかりません。
いろいろな可能性があります。
寝ているかもしれないし、散歩しているかもしれないし、車に乗っているかもしれない。
この『可能性からは絶対に逃れられない』というのが『不確定性原理』です。

何もない真空には位置がないと真空は自らが真空だと理解することが出来ません。
そこから位置が決まると平行宇宙が始まってしまいます。(ヒュー・エヴェレットの多世界解釈)

参考:Wikipedia『エヴェレットの多世界解釈』

エヴェレットの多世界解釈(エヴェレットのたせかいかいしゃく、英: many-worlds interpretation; MWI)とは、量子力学の観測問題における解釈の一つである。

プリンストン大学の大学院生であったヒュー・エヴェレット3世が1957年に提唱した定式を元に、ブライス・デウィット(英語版)によって提唱された。

出典:Wikipedia『エヴェレットの多世界解釈』

■ヒュー・エヴェレットの原論文
ヒュー・エヴェレットは、量子もつれと一貫した歴史を前提とした、射影仮説のない量子論の新しい定式化を試みた。 エヴェレット自身はその論文中でエヴェレットが提唱した理論は決定論的であると述べている。 論文によれば、量子もつれにより相関した多数の分枝を相対状態として波動関数に記述しており、それらの分枝同士はお互いに干渉できないまま常に並存している。 観測者のうちのひとつの分枝の主観では、それと相関した分枝のみが観測可能な世界であって、相関していない他の分枝は観測できない。
清水明は、射影仮説は実験事実と合致しかつ無矛盾な理論体系になるために必須であり、ヒュー・エヴェレットの原論文には射影仮説がないのでユージン・ウィグナーの厳しい批判に遭ったとしている。

出典:Wikipedia『エヴェレットの多世界解釈』

重要なプロセス

1、シュレディンガー菩薩が『真空』を定義。
2、ハイゼンベルク菩薩が『位置(真空の中の位置という概念と理論)』をつくる。
3、エヴェレット菩薩が『位置が決まると3次元世界になり、そこから平行宇宙が無限に広がっている』という理論を構築。

この3人の菩薩の考え方(それぞれが構築した理論)がないと法華経は理解できません。

ここまで(動画前半の5分30秒ほど)のまとめと追加説明

この真空の宇宙の中には、(生命体が)生きている色々な無限の3次元世界があります。
そこに生きている生命たちが『死んだ状態』もあります。
3次元世界に生まれてきて『生きている状態』になると、そこから可能性の世界になって、5分後、10分後、自分がどうなっているのかわかりません。

しかし、死んで『量子の状態』に戻ると、いきなり思った通りの状況になります。
例えば、北海道にいたのに次の瞬間には九州にいたりします。九州にいたのに、次の瞬間には犬になって火星の上にいたりします。あるいは平行宇宙に存在する全然関係のない生命体になっていたりと、思ったとおりになります。これが『確定的な状態』です。

対して、位置が決まって3次元世界に肉体を持つと『不確定な状態』になります。

《 現在、この続きの内容をまとめております 》

動画内容のまとめ:観慈在かんじざい 優智香ゆうちきょう(ゆう)

さて、お次はどうなさいますか?


この記事を書いた人
この記事を書いた人
観慈在 優智香

『統一場理論』としての『仏法』を学んでおります。
名前の読み方は『かんじざい ゆうちきょう』です。
どうぞ、お気軽に『ゆう(Yû: You)』とお呼びくださいませ。

I am studying "Buddha's code" as "Unified field theory".
The way to read the name is "KanJizai Yûchikyo".
Please feel free to call me "Yû: You".

もしも私の「ニセモノ」が現れたのであれば、
その人物に、こう問いかけてみてください───

授記・仏国土・現一切色心三昧・無生法認。
この四つの言葉の意味を説明することができますか?

───と。

観慈在 優智香をフォローする
シェアする
CHRIST・CODE

コメント

  1. Hey there. I discovered your site via Google at the same time as searching for a comparable subject, your site came up. It appears great. I have bookmarked it in my google bookmarks to visit then. Salome Oswald Dahlia

  2. This paragraph is truly a pleasant one it assists new net users, who are wishing in favor of blogging. Caren Nathan Sundstrom

  3. Way cool! Some extremely valid points! I appreciate you writing this write-up and also the rest of the website is really good. Pammy Clywd Khichabia

  4. Hmm is anyone else experiencing problems with the images on this blog loading? Cristin Frannie Hanover

  5. Hello very nice web site!! Guy .. Beautiful ..
    Wonderful .. I’ll bookmark your blog and take the feeds also?
    I’m satisfied to search out a lot of useful info here within the post, we’d like
    work out extra techniques on this regard, thank you for sharing.
    . . . . .

タイトルとURLをコピーしました