現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.3~6】イニシャルの世界へ The world of “Public Road Race”.

【LEVEL.3】現実世界を生きる人【LEVEL.5】アセンション【LEVEL.6】民族神の世界生きる意味
この記事は約26分で読めます。

2021年2月4日:イメージ画像を変更いたしました。

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

イメージ画像:無料写真素材サイト『Unsplash』より

『峠』という名のバトルステージ

今回は、『趣味の世界』に走ります。

通称「ぐんサイとうげ」こと「群馬サイクルスポーツセンター」。
私有地であるこの場所。
『Best Mortaring』シリーズの新車インプレッションでもお馴染なじみのコースを貸し切って行われたイベントの様子を、外国の御方おかたが英語でご紹介していらっしゃいます。

早速、てまいりましょう。

念のために記述いたしますが、今回ご紹介する動画は、『まだ表面上は日本が平和だったとき』に撮影された動画です。

A battle stage called “The TOUGE (The Pass)”.

This time, I would like to introduce you to a world of personal interest.
This is the “Gun-ma Cycle Sports Centre”, also known as “Gun-sai-touge”. It’s a privately owned track, and one of our favourite places for new car impressions in our “Best Mortaring” DVD series.

Let’s watch the video together.

This video was shot when Japan was still, on the surface, peaceful.

動画タイトル『リアル頭文字D!群サイ峠のドリフト走行会』

Note: The reporter in the video reports in English.

Initial D replica drifting at Gunsai Touge in Japan
■動画再生時間:14分36秒  ■動画の投稿日:2016年6月21日  ■チャンネル名:noriyaro

エキゾーストサウンド、タイヤハウスのクリアランス、絶妙なキャンバー角、そしてTE37。
全てが玄人くろうと好みのセッティングになっていることは、動画からも容易に見て取れます。

通称「オリドコーナー」からのりっかえしが綺麗きれいに決まっていましたね。

なお、「オリドコーナー」というも言われぬ通称の由来に関しましては、お次の動画をごらんくださいませ。

The exhaust note, the distance between the tyres and the tyre house, the perfect alignment and the stiff and cool wheels.
It’s easy to see from this video that everything is set up for the expert.

The drift backwards from the “ORIDO Corner” to the next bend was brilliant.
You can see the origin of the nickname “ORIDO Corner” in the following video.

動画タイトル『《ENG-Sub》アルボーS2000 クラッシュ!! 峠最強伝説【Best MOTORing】2015』

Note: This video is all in Japanese.

《ENG-Sub》アルボーS2000 クラッシュ!! 峠最強伝説【Best MOTORing】2015
■動画再生時間:14分22秒  ■動画の投稿日:2017年11月10日  ■チャンネル名:Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル

弘法こうぼうふであやまり。
ドライビングのプロフェッショナルでさえこのようになってしまうのです。
ステアリングをにぎるときは、危険予測、そして『人の命を乗せて運転している』ということをきもめいじながら、安全運転を徹底てっていいたしましょう。

Even Homer sometimes nods, pride goes before the fall.

Even professional racers can do this.
When driving a car, it is important to anticipate risks and to drive safely, remembering that you are driving a car with a human life on board.

最速を決める限界バトル

動画タイトル『峠最速AWDマシンはどれだ!? 峠最強伝説【Best MOTORing】2010』

Note: This video is all in Japanese.

峠最速AWDマシンはどれだ!? 峠最強伝説【Best MOTORing】2010
■動画再生時間:28分41秒  ■動画の投稿日:2018年8月3日  ■チャンネル名:Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル

動画タイトル『《ENG-Sub》魔王決定戦 2016 峠最強伝説【Best MOTORing】2016』

Note: This video is all in Japanese.

《ENG-Sub》魔王決定戦 2016 峠最強伝説【Best MOTORing】2016
■動画再生時間:29分35秒  ■動画の投稿日:2017年12月9日  ■チャンネル名:Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル

動画タイトル『《ENG-Sub》仕切り直しバトル!! 魔王決定戦 2016 峠最強伝説【Best MOTORing】2016』

Note: This video is all in Japanese.

《ENG-Sub》仕切り直しバトル!! 魔王決定戦 2016 峠最強伝説【Best MOTORing】2016
■動画再生時間:26分27秒  ■動画の投稿日:2017年12月23日  ■チャンネル名:Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル

3次元は2次元を越えられる?『ガムテープデスマッチ』を実車で再現

漫画およびアニメ『イニシャルD』にて登場した禁断の『ガムテープデスマッチ』。
右手をガムテープでステアリングに固定したまま走行するという『絶対にやってはいけない行為』を実際に再現するとどうなるのでしょうか?

まずは、そのもとになった『ガムテープデスマッチ』のアニメのシーンをご覧くださいませ。

Can 3-D go beyond 2-D? A reenactment of the “duct tape death match” in a real car.

The forbidden “Duct tape Death Match” appeared in the manga and anime “Initial D”.
What would happen if you recreated this act of driving with your right hand fixed to the steering wheel with duct tape?

First of all, let’s take a look at the scene from the animation that inspired the idea.

動画タイトル『Initial D Legend 2 – AE86 vs EG6 [EUROBEAT]』

Note: This video is available with English subtitles.

Initial D Legend 2 – AE86 vs EG6 [EUROBEAT]
■動画再生時間:8分18秒  ■動画の投稿日:2020年8月19日  ■チャンネル名:Rens de Zeeuw

バトルの結末は!! ダブルクラッシュだぁぁ!!!!

The end of this battle is a double crash!!

名言(迷言)が出ましたね。

さすがに、この内容をそのまま実車で再現すると『とんでもないこと』になってしまいます。
そこで、プロドライバーの監修かんしゅうのもと、安全性を考慮こうりょに入れたうえでサーキットを貸し切って行われた『ガムテープで右手を固定したままドリフト走行はできるのか』という実験の様子をお次の動画でご覧くださいませ。

This animation has given birth to a famous saying.

As you can imagine, it would be “outrageous” to replicate the content of this video on a public road.
The following video shows an experiment conducted by a professional driver to find out if it is possible to drift while holding your right hand with duct tape.

動画タイトル『頭文字D 土屋圭市がAE86でガムテープデスマッチに挑戦!』

Note: This video is all in Japanese. “But, Don’t think, Feel!”

頭文字D 土屋圭市がAE86でガムテープデスマッチに挑戦!
■動画再生時間:3分14秒  ■動画の投稿日:2019年5月9日  ■チャンネル名:綾波レイ

このテクニックを素人が再現しようとすると、100%の確率で事故を起こします。
絶対に真似をしないでください。

If an amateur tries to reproduce the techniques in this video, there is a 100% chance of an accident.
Please do not try to imitate it.

峠のリアル

イメージ画像:フリー素材『PAKUTASO』

さて、実際の『峠』とはいったいどのような感じなのでしょうか?
お次の動画をご覧くださいませ。

So what does a “TOUGE in Japan” look like?
Please watch the following video.

動画タイトル『ANIME VS REALITY: Drifting With The Speed Stars of Haruna (REAL LIFE INITIAL D)』

Note: The reporter in the video reports in English.

ANIME VS REALITY: Drifting With The Speed Stars of Haruna (REAL LIFE INITIAL D)
■動画再生時間:16分39秒  ■動画の投稿日:2018年2月24日  ■チャンネル名:ALBO

動画タイトル『つ○○ライン上り 先行FD3S/後追いAE86 CIMG7825』

つ○○ライン上り 先行FD3S/後追いAE86 CIMG7825
■動画再生時間:3分46秒  ■動画の投稿日:2013年1月6日  ■チャンネル名:AOHI86

こちらのコース、370馬力のFDは確実に持て余してしまいますね。
3速に上げるよりも2速で引っ張りきったほうが良いセクションもあるような気がしますが、上りでこれほどFDに肉薄できるのは流石としか言いようがありません。

立ち上がり加速の差で笑うしかないのは、『旧車乗り』にはよくあることです。

海外の有名自動車番組で紹介された「日本独自の自動車文化」

さて、今度は少し趣向を変えてみたいと思います。
英国公共放送の自動車番組にてご紹介された「日本独自の自動車文化」についての動画。
全編英語で日本語字幕なしですが、よろしければご覧くださいませ。

Japan’s unique car culture” introduced in a famous foreign car programme.

Well, this time I’d like to change things up a bit.
This is a video about “Japan’s unique car culture” that was shown on the British Public Broadcasting Company’s car programme. They are all in English, with no Japanese subtitles. Please watch them if you like.

動画タイトル『Jeremy Clarkson’s Motorworld ¦ Japan S01E01』

Jeremy Clarkson's Motorworld ¦ Japan S01E01
■動画再生時間:23分15秒  ■動画の投稿日:2017年4月15日  ■チャンネル名:In Creager

番組が撮影されたのは1990年代のようですね。

It seems that the programme in this video was filmed in the 1990s.

動画タイトル『Race Across Japan Part 1 | Top Gear | BBC』

Race Across Japan Part 1 | Top Gear | BBC
■動画再生時間:8分04秒  ■動画の投稿日:2010年10月5日  ■チャンネル名:Top Gear

Quoted in full from the description section of this video

Click here for the HQ version https://www.youtube.com/watch?v=Q6dZocR-dM8
Part one of two. The Top Gear trio set out on an epic race from a small beach on Japan’s west coast to a monument to the Buddha of road safety located half-way up Mount Nokogiri, some 400 miles to the east. Pitted against Jeremy in his 193mph Nissan GT-R are Richard and James using the might of Japan’s incredible public transport system and its fabled 200mph bullet train. Taken from series 11, episode 4.

Subscribe for more awesome Top Gear videos: https://www.youtube.com/user/Topgear?sub_confirmation=1

Top Gear YouTube channel: http://www.youtube.com/topgear
TopGear.com website: http://www.topgear.com

Top Gear Facebook: http://www.facebook.com/topgear
Top Gear Twitter: http://twitter.com/BBC_topgear

This is a commercial channel from BBC Studios. Service & Feedback https://www.bbcstudios.com/contact/contact-us/

動画タイトル『Race Across Japan | Top Gear – Part 2』

Race Across Japan | Top Gear – Part 2
■動画再生時間:8分05秒  ■動画の投稿日:2010年10月7日  ■チャンネル名:Top Gear

R35 GT-R

イメージ画像:無料写真素材サイト『Unsplash』より

玄人向け動画:エキゾーストノート 停止状態からのフル加速

 “Videos for enthusiasts: The exhaust note. Full acceleration from a standstill.”

動画タイトル『峠 AE86 5V デフ上60パイデユアルマフラー』

峠 AE86 5V デフ上60パイデユアルマフラー
■動画再生時間:1分21秒  ■動画の投稿日:2012年5月6日  ■チャンネル名:taka47f

ホイールまで綺麗きれいみがき上げられたAE86。
低音から伸びのあるサウンドが素晴らしいですね。

This AE86 has been cleaned and polished down to the wheels.
The exhaust note is wonderful, low and extended.

玄人向け動画:Midship Runabout 2 seater

動画タイトル『【AW11型 トヨタMR2】低すぎる視界と敏感ハンドリングにハマります』

Note: This video is all in Japanese.

【AW11型 トヨタMR2】低すぎる視界と敏感ハンドリングにハマります
■動画再生時間:15分25秒  ■動画の投稿日:2019年6月11日  ■チャンネル名:ウナ丼STRUTエンスーCARガイド

AW11の全高はスミスアカウサギ5匹分だったのですね。
とても勉強に………………
知らんがな。

こちらの動画のAW11、外装はもちろんのこと、内装までとても綺麗な状態で維持されていることにオーナー様の車への愛情を感じます。

それにしても、サテライトスイッチ横の出っ張りにエアコンから出た風を整流する役割があったとは知りませんでした。
それなら、なぜあんなにも不便な位置にハザードのスイッチを付けてしまったのか‥‥

AW11はミッドシップのスポーツカーでありながら前後のトランクスペースや座席後部のスペースが充分に確保されているため、経年劣化によるトラブルさえなければとても実用的な車です。
『コックピット』という表現が似合う運転席、着座位置からの視認性の良さ、街中での取り回しやすさ、「視線を動かすだけでコーナリングできる」とまで言われるクイックな挙動、そして、背中から聞こえてくるエンジン音とスーパーチャージャーの音。一度でもドライブしたらたちまち魅了されて、病みつきになってしまいます。

ちなみに、パワーステアリングは付いていませんが、重量物であるエンジンとミッションを車体後部に搭載しているため、操舵に『重さ』を感じることはほとんどありません。

So the overall height of the AW11 was the equivalent of five Smiths red rabbits?
Very educational………No, I don’t need that information.

The AW11 in this video shows the love the owner has for his car, not only in the exterior but also in the interior, which has been maintained in a very beautiful condition.

I didn’t know that the protruding part next to the satellite switch was used to direct the airflow from the air conditioner.
Then why did they put the hazard switch in such an inconvenient position……?

The AW11 is a mid-ship sports car with plenty of boot space front and rear and space behind the seats, making it a very practical car as long as it doesn’t suffer from age-related problems.

The driver’s seat of this car can be described as a “cockpit”. It has good visibility from the seating position and is easy to handle in town. The behaviour of the car is so quick that it has even been said that “you can corner the car just by moving your eyes”. From the back you can hear the engine and the sound of the supercharger. Once you’ve driven this car, you’ll be instantly captivated and addicted.

Incidentally, the car does not have power steering, but because the heavy engine and transmission are mounted at the rear of the car, the steering rarely feels ‘heavy’.

動画タイトル『トヨタ・初代MR2 前編(二) | 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シーズン2』

動画は日本語吹き替え版です。

Note: This video is dubbed in Japanese.

トヨタ・初代MR2 前編(二) | 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シーズン2
■動画再生時間:21分39秒  ■動画の投稿日:2020年3月4日  ■チャンネル名:MotorTrend Japan

こちらの動画の説明欄より全文を引用

今回マイクが選んだのは日本車だ。購入したのは中古のトヨタ・初代MR2。いい状態とは言えないが名メカニック、エドの魔法でよみがえらせれば高値で売れるかもしれない。エドは早速点検に入る。大がかりな修理が必要なければいいのだが…。

チャンネル登録をお願いします!
https://bit.ly/3dXrf9t​

こちらの動画のコメント欄では、「どう見ても盗難車」というコメントがたくさん寄せられていました。
つまり、そういうことなのでしょう。

In the comments section of this video, there were many comments saying “this is a stolen car, no matter how you look at it”.
I guess that’s what it is.

動画タイトル『グイグイ村尾AW11』

Note: This video is all in Japanese.

グイグイ村尾AW11
■動画再生時間:5分47秒  ■動画の投稿日:2012年3月7日  ■チャンネル名:shoz 11

サスペンションをガチガチに固めたドリフト仕様のAW11。
振りっ返しでもほとんどロールしてませんね。

動画内の字幕では、「AW11の挙動変化はシルビア/180SXに比べるとクイックだ」とありますが、AW11は他のどの国産車よりもクイックでピーキーです。

AW11はFFのユニットをほとんどそのままリアに乗せただけという基本構造のおかげで、「ミッドシップ」というよりはRRに近い挙動をします。

スピンするときは、いきなり後ろから蹴っ飛ばされたようにスライドし、そして運転席を中心にコマのように回ります。

This is a drift version of the AW11 with a stiffened suspension.
Even after swinging to the other side and then drifting, there’s hardly any rolling.

The subtitle in the video says “The AW11’s behavioural changes are quicker than the Silvia and 180SX”, but the AW11 is quicker and more peaky than any other Japanese car.

The AW11 behaves more like a “RR” than a “midship” car, thanks to its basic structure, which is almost a front-wheel drive unit transplanted to the rear. When it spins, it suddenly slides like it’s been kicked from behind and then spins around the driver’s seat like a Spinning tops.

動画タイトル『MR2だらけの走行会 その6ドリフトクラス』

MR2だらけの走行会 その6ドリフトクラス
■動画再生時間:0分58秒  ■動画の投稿日:2010年6月1日  ■チャンネル名:kutu300

こちらの動画の説明欄より全文を引用

2010年5月1日に岐阜県YZサーキットで開催された
MR2だらけの走行会の模様です。(主催 http://www.sonicboom.jp/service)
今年で3回目になりますが、年を増すごとに盛り上がってきています!!

動画タイトル『Toyota MR-2 ADVAN AW11 || 220Hp/620Kg Gymkhana Monster – Rare Footage !!』

Toyota MR-2 ADVAN AW11 || 220Hp/620Kg Gymkhana Monster – Rare Footage !!
■動画再生時間:15分25秒  ■動画の投稿日:2019年6月11日  ■チャンネル名:HillClimb Monsters

Quoted in full from the description section of this video

Today´s “Nostalgia Trip” will take us again to the All Japan Gymkhana Series and the Toyota MR2 AW11 that fought for several championships in late 80´s and early 90´s at the “hands” of Masahiro Yamamoto.

A 4AGE powered mid-engined machine, in the footage presented it is on its second evolution featuring additional Aerodynamic appendages likes the Rear Wing and side skirts, but also its engine stroked to 1775cc, producing around 220Hp/8.500Rpm. Moving only 620Kg, this was a tremendously nimble thing.

It also featured very interesting methods in its engineering, with a lot of TRD expertise in its development with the most curious solution being how much effort was put into having the most perfect weight distribution possible. Not only the division of back to front was considered but also from right to left with the engine being moved further into the middle of the car even compared to the already mid-engined stock MR2.

いかがでしょうか?
こちらの記事が、あなたさまのちょっとした息抜きや娯楽の一種になれていましたら幸いに存じます。

What do you think?
I hope this article has provided you with a bit of relaxation and entertainment.

イメージ画像:無料写真素材サイト『Unsplash』より

こちらの記事でご紹介した主要な YouTube チャンネル はこちらからもアクセスいただけます

 ”You can also access the main YouTube channels mentioned in this article here.”

『noriyaro』様

『Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル』様

『ALBO』様

『In Creager』様

『Top Gear』様

『ウナ丼STRUTエンスーCARガイド』様

『HillClimb Monsters』様

さて、お次はどうなさいますか? So, what’s next?

 First of all, let’s go back to the top page of “CHRITS・CODE”.
 In the meantime, I’ll check out the “Latest World News”.
 I’m going to take a break at “Tearoom bodhisattva”.
 What is the “meaning of life”……?
 I’m going to see Kannon.
 Read another article by the author of this article.

この記事を書いた人
この記事を書いた人
観慈在 優智香

『統一場理論』としての『仏法』を学んでおります。
名前の読み方は『かんじざい ゆうちきょう』です。
どうぞ、お気軽に『ゆう(Yû: You)』とお呼びくださいませ。

I am studying "Buddha's code" as "Unified field theory".
The way to read the name is "KanJizai Yûchikyo".
Please feel free to call me "Yû: You".

もしも私の「ニセモノ」が現れたのであれば、
その人物に、こう問いかけてみてください───

授記・仏国土・現一切色心三昧・無生法認。
この四つの言葉の意味を説明することができますか?

───と。

観慈在 優智香をフォローする
シェアする
CHRIST・CODE
タイトルとURLをコピーしました