現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.6】歴史の布石『大統領令』

【LEVEL.3】現実世界を生きる人【LEVEL.4】第三次世界大戦【LEVEL.5】アセンション【LEVEL.7】セレンディピティ生きる意味
この記事は約21分で読めます。
White House の写真:無料写真素材サイト『Unsplash』より

大統領令とは What is the Executive Order?

よく、「伝家でんか宝刀ほうとう」と表現される大統領令だいとうりょうれい
みんしゅてきなせんきょ不正・不正・不正」によって選出された『アメリカ合衆国大統領』にのみ発動を許されるこの『命令』。

それは、いったいどのようなものなのでしょうか?

まずは、Wikipediaによる説明をご覧ください。

大統領令(だいとうりょうれい)、大統領命令(だいとうりょうめいれい)、大統領行政命令(だいとうりょうぎょうせいめいれい)、又は、執行命令(しっこうめいれい)は、アメリカ合衆国大統領により、アメリカ合衆国議会の承認を得ることなく、アメリカ合衆国連邦政府やアメリカ軍に対して発せられる、アメリカ合衆国の行政命令・行政委任立法。

アメリカ合衆国憲法で明確に規定されているわけではなく、1789年以降、行政官による任務遂行の命令に資するために発せられてきた。

引用元:Wikipedia『大統領令(アメリカ合衆国)』

続いて、立法・司法との関係性です。

連邦議会の立法権との関係

連邦議会が制定する法律に基づく大統領への委任立法であることもあり、また逆に、連邦議会による立法で上書き(無効化・廃止)され得る。

 

連邦最高裁の司法権・違憲審査権との関係

連邦最高裁判所による違憲判決で上書き(無効化)され得る。

 

実際に連邦最高裁による違憲判決で無効化されたことは過去に複数回あり、その内の1つは、ハリー・S・トルーマン大統領が朝鮮戦争時にストライキしていたオハイオ州の製鉄工場を強制接収した『大統領令10340号』である。

引用元:Wikipedia『大統領令(アメリカ合衆国)』

では、この『大統領令』。
具体的にどういった文言が書かれているものなのでしょうか?


一見すると「対岸の火事」に思えるような『日本国の今後を左右する大統領令』をご紹介いたします。

2020年11月12日発令『中華人民共和国(PRC)の脅威増大に対処する国家緊急事態を宣言する行政命令』

英語の原文:Text of a Letter to the Speaker of the House of Representatives and the President of the SenateFOREIGN POLICY

Text of a Letter to the Speaker of the House of Representatives and the President of the Senate
FOREIGN POLICY

Issued on: November 12, 2020

Dear Madam Speaker: (Dear Mr. President:)

Pursuant to the International Emergency Economic Powers Act (50 U.S.C. 1701 et seq.) (IEEPA), the National Emergencies Act (50 U.S.C. 1601 et seq.), and section 301 of title 3, United States Code, I hereby report that I have issued an Executive Order declaring a national emergency to deal with the threat posed by the People’s Republic of China’s (PRC) increasing exploitation of United States capital to resource and to enable the development and modernization of its military, intelligence, and other security apparatuses which continues to allow the PRC to directly threaten the United States homeland and United States forces overseas, including by developing and deploying weapons of mass destruction, advanced conventional weapons, and malicious cyber-enabled actions against the United States and its people.

Through the national strategy of Military-Civil Fusion, the PRC increases the size of the country’s military-industrial complex by compelling civilian Chinese companies to support its military and intelligence activities. Those companies, though remaining ostensibly private and civilian, directly support the PRC’s military, intelligence, and security apparatuses and aid in their development and modernization. At the same time, they raise capital by selling securities to United States investors that trade on public exchanges both here and abroad, lobbying United States index providers and funds to include these securities in market offerings, and engaging in other acts to ensure access to United States capital. In that way, the PRC exploits United States investors to finance the development and modernization of its military.

The Executive Order prohibits certain purchases involving publicly traded securities, or any securities that are derivative of, or are designed to provide investment exposure to such securities, of any Communist Chinese military company. Those companies are ones the Department of Defense has listed, or will list, pursuant to section 1237 of Public Law 105-261, as amended, or are identified as Communist Chinese military companies or their subsidiaries by the Secretary of the Treasury using similar criteria. The Executive Order also prohibits transactions that evade or avoid, or have the purpose of evading or avoiding, its prohibitions.

I have delegated to the Secretary of the Treasury the authority to, in consultation with the Secretary of State, the Secretary of Defense, the Director of National Intelligence, and the heads of other executive departments and agencies as appropriate, take such actions, including promulgating appropriate rules and regulations, and employing all other powers granted to the President by IEEPA, as may be necessary to implement the Executive Order. All agencies of the United States Government are directed to take all appropriate measures within their authority to carry out the provisions of the Executive Order.

I am enclosing a copy of the Executive Order I have issued.

Sincerely,

DONALD J. TRUMP

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/text-letter-speaker-house-representatives-president-senate-111220-4/?fbclid=IwAR3Sf_hK28fwytUJ1ZgNzMmKYec8cDW1wVRdwRSrBo4-UDqrY8_mWptNmS8 より全文を掲載

日本語訳:衆議院議長・上院議長への手紙の文面 海外政策

翻訳に使用したサイト:DeepL

衆議院議長・上院議長への手紙の文面

海外政策

 

発行日 2020年11月12日

親愛なるマダム・スピーカー (大統領閣下へ)

 

国際緊急経済大国法(50 U.S.C. 1701 et seq.)(IEEPA)、国家緊急事態法(50 U.S.C. 1601 et seq.)、および合衆国法典第 301 条に基づき、私はここに、中華人民共和国(PRC)の脅威の増大に対処する国家緊急事態を宣言する行政命令を発令したことを報告します。 )

および合衆国法典第 301 条に基づき、私はここに、中華人民共和国が米国の資本から資源を搾取し、軍の開発と近代化を可能にするために米国の資本を利用していることによる脅威に対処するために、国家緊急事態を宣言する行政命令を発令したことを報告します。

大量破壊兵器、高度な通常兵器、米国とその国民に対する悪意のあるサイバー攻撃を開発・展開することを含め、中国が米国の祖国と海外の米軍を直接脅かすことを可能にし続けている諜報機関やその他の安全保障装置。

 

中国は「軍民融合」という国家戦略を通じて、中国の民間企業に軍事・諜報活動を支援させることで、国の軍産複合体の規模を拡大させている。

これらの企業は、表向きは民間企業でありながら、中国の軍事・諜報・安全保障装置を直接支援し、その開発と近代化を支援している。

同時に、国内外の公的取引所で取引されている米国の投資家に有価証券を販売し、米国のインデックスプロバイダーやファンドに働きかけて有価証券を市場に組み入れるなど、米国の資本へのアクセスを確保するためのその他の行為を行うことで、資本を調達している。

このようにして、中国は米国の投資家を利用して軍事の発展と近代化に資金を提供している。

 

行政命令では、中国共産党系の軍事企業の上場有価証券、またはその派生物である、またはそのような有価証券への投資エクスポージャーを提供することを目的とした有価証券を含む特定の購入を禁止しています。

これらの企業とは、国防総省が公法105-261条(改正後)第1237条に基づき上場している企業、または上場する予定の企業、または財務長官が同様の基準を用いて中国共産党系軍事企業またはその子会社と特定した企業である。

また、同執行令は、その禁止事項を回避・回避する、または回避する目的を持つ取引を禁止している。

 

私は、国務長官、国防長官、国家情報長官、およびその他の執行部局の長と協議の上、適切な規則や規制を公布し、IEEPA によって大統領に付与されたその他のすべての権限を行使することを含め、執行令状の実施に必要な措置をとる権限を財務長官に委任しました。

米国政府のすべての機関は、執行令の規定を実行するために、権限の範囲内ですべての適切な措置を講じるよう指示されています。

 

私は、私が発令した執行令のコピーを同封しています。

 

敬具

ドナルド・J・トランプ

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/text-letter-speaker-house-representatives-president-senate-111220-4/?fbclid=IwAR3Sf_hK28fwytUJ1ZgNzMmKYec8cDW1wVRdwRSrBo4-UDqrY8_mWptNmS8 より全文を日本語にて掲載

2020年11月12日発令『大量破壊兵器の拡散に係る国家緊急事態の継続』

英語の原文:Text of a Notice on the Continuation of the National Emergency with Respect to the Proliferation of Weapons of Mass DestructionNATIONAL SECURITY & DEFENSE

STATEMENTS & RELEASES

 

Text of a Notice on the Continuation of the National Emergency with Respect to the Proliferation of Weapons of Mass Destruction
NATIONAL SECURITY & DEFENSE

 

Issued on: November 12, 2020

 

On November 14, 1994, by Executive Order 12938, the President declared a national emergency with respect to the unusual and extraordinary threat to the national security, foreign policy, and economy of the United States posed by the proliferation of nuclear, biological, and chemical weapons (weapons of mass destruction) and the means of delivering such weapons. On July 28, 1998, by Executive Order 13094, the President amended Executive Order 12938 to respond more effectively to the worldwide threat of proliferation activities related to weapons of mass destruction. On June 28, 2005, by Executive Order 13382, the President, among other things, further amended Executive Order 12938 to improve our ability to combat proliferation activities related to weapons of mass destruction. The proliferation of weapons of mass destruction and the means of delivering them continues to pose an unusual and extraordinary threat to the national security, foreign policy, and economy of the United States. For this reason, the national emergency declared in Executive Order 12938 with respect to the proliferation of weapons of mass destruction and the means of delivering such weapons must continue beyond November 14, 2020. Therefore, in accordance with section 202(d) of the National Emergencies Act (50 U.S.C. 1622(d)), I am continuing for 1 year the national emergency declared in Executive Order 12938, as amended.

 

This notice shall be published in the Federal Register and transmitted to the Congress.

 

DONALD J. TRUMP

 

THE WHITE HOUSE,
November 12, 2020.

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/text-notice-continuation-national-emergency-respect-proliferation-weapons-mass-destruction-111220/ より全文を掲載

日本語訳:大量破壊兵器の拡散に係る国家緊急事態の継続に関するお知らせの文面

翻訳に使用したサイト:DeepL

声明とリリース

 

大量破壊兵器の拡散に係る国家緊急事態の継続に関するお知らせの文面
国家安全保障と防衛

 

発行日 2020年11月12日

 

1994 年 11 月 14 日、大統領は、執行令 12938 号により、核、生物、化学兵器(大量破壊兵器)の拡散とその運搬手段がもたらす米国の国家安全保障、外交政策、経済に対する異常かつ異常な脅威に関 して、国家緊急事態を宣言した。

1998 年 7 月 28 日、大統領は、大量破壊兵器に関連した拡散活動の世界的な脅威に、より効果的に対応するため、行 政令 13094 により、行 政令 12938 を改正した。

2005 年 6 月 28 日、大統領は、特に大量破壊兵器に関連した拡散活動に対処する能力を向上させるために、行 政令第 13382 号により、さらに行 政令第 12938 号を改正した。

大量破壊兵器の拡散とその運搬手段は、米国の国家安全保障、外交政策、経済に異常かつ異常な脅威をもたらし続けている。

このため、大量破壊兵器の拡散と、そのような兵器の運搬手段に関して、行政命令第12938号で宣言された国家緊急事態は、2020年11月14日以降も継続されなければならない。

したがって、国家緊急事態法(50 U.S.C. 1622(d))の第202(d)項に従い、私は、改正された行政命令12938で宣言された国家緊急事態を1年間継続する。

 

この通知は 連邦登録簿に掲載され 議会に送信されます。

 

ドナルド・J・トランプ

 

ホワイトハウス
2020年11月12日

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/text-notice-continuation-national-emergency-respect-proliferation-weapons-mass-destruction-111220/ より全文を翻訳して掲載

大統領令を掲載するにあたって

 In publishing the Executive Order.

Copyright Policy

Pursuant to federal law, government-produced materials appearing on this site are not copyright protected. The United States Government may receive and hold copyrights transferred to it by assignment, bequest, or otherwise.

 

Creative Commons License

Except where otherwise noted, third-party content on this site is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 License. Visitors to this website agree to grant a non-exclusive, irrevocable, royalty-free license to the rest of the world for their submissions to WhiteHouse.gov under the Creative Commons Attribution 3.0 License.

 

DMCA Notice

The White House respects the intellectual property of others, and we ask users of our Web sites to do the same. In accordance with the Digital Millennium Copyright Act (DMCA) and other applicable law, we have adopted a policy of terminating, in appropriate circumstances and at our sole discretion, subscribers or account holders who are deemed to be repeat infringers. We may also at our sole discretion limit access to our Web site and/or terminate the accounts of any users who infringe any intellectual property rights of others, whether or not there is any repeat infringement.

 

WhiteHouse.gov

https://www.whitehouse.gov/copyright/ より全文を掲載

日本語訳:著作権等について

翻訳に使用したサイト:DeepL

著作権について

連邦法に基づき、本サイトに掲載されている政府制作の資料は著作権で保護されていません。アメリカ合衆国政府は、譲渡、遺贈、その他の方法で譲渡された著作権を受け取り、保持することができます。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

別段の記載がある場合を除き、このサイト上の第三者のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ表示3.0ライセンスの下でライセンスされています。このウェブサイトの訪問者は、クリエイティブ・コモンズ表示3.0ライセンスの下でWhiteHouse.govへの提出物のために、世界の残りの部分に非独占的、取消不能、ロイヤリティフリーのライセンスを付与することに同意するものとします。

 

DMCA通知

ホワイトハウスは他者の知的財産を尊重しており、当社ウェブサイトの利用者にも同様にお願いしています。デジタルミレニアム著作権法(DMCA)および他の適用法に従って、我々は、適切な状況で、我々の独自の裁量で、繰り返し侵害者であるとみなされる購読者またはアカウント所有者を終了するポリシーを採用しています。我々はまた、我々の独自の裁量で、我々のWebサイトへのアクセスを制限し、および/または他者の知的財産権を侵害しているユーザーのアカウントを終了することができるかどうかにかかわらず、繰り返し侵害があるかどうか。

 

WhiteHouse.gov

https://www.whitehouse.gov/copyright/ より全文を翻訳して掲載

いかがでしょうか?

これらの文面から、あなたさまはどのような『情報』を読み解き、いったい『何』を紐解ひもとかれましたか?

それでは、こちらの記事が皆様のお役に立てまたしたら幸いに存じます。

さて、お次はどうなさいますか? So, what’s next?

 For now, let’s go back to the home page of “CHRIST・CODE”.
 Check out “The Latest World Affairs”.
 Find out about “World War III”.
 Read more about the YouTube channel “KoJi,s Deep Max”.

この記事を書いた人
この記事を書いた人
観慈在 優智香

『統一場理論』としての『仏法』を学んでおります。
名前の読み方は『かんじざい ゆうちきょう』です。
どうぞ、お気軽に『ゆう(Yû: You)』とお呼びくださいませ。

I am studying "Buddha's code" as "Unified field theory".
The way to read the name is "KanJizai Yûchikyo".
Please feel free to call me "Yû: You".

もしも私の「ニセモノ」が現れたのであれば、
その人物に、こう問いかけてみてください───

授記・仏国土・現一切色心三昧・無生法認。
この四つの言葉の意味を説明することができますか?

───と。

観慈在 優智香をフォローする
シェアする
CHRIST・CODE
タイトルとURLをコピーしました