現在、CHRIST・CODE の構成変更を行っております。予めご了承くださいませ。

【LEVEL.10】The Intelligent Limits of Physicists and the Thought of Tathagata beyond Them

【LEVEL.??】English Translation【LEVEL.10】人間を越えた人のためのチャンネル《総合》【LEVEL.7】セレンディピティBuddha,s・CodeJesus・CodeKoJi,s・Code生きる意味
この記事は約39分で読めます。

【LEVEL.10】物理学者の知能的限界と、それを越えた如来の思考

受け継がれる『真なる教え』

Translation of video contents into full text

 動画内容の文章化 全文掲載

Translated Video:

“Physicists who Have Passed through the First Gate Still Can’t Talk about the Universe without Focusing on Their Ego! Only After Receiving the ‘Assurance’ of Becoming a Buddha and Passing through the Second Gate, One Can Become a Great Bodhisattva who Can Understand the Lotus Sutra!”

対象となる動画『第1の門をくぐった物理学者達ではまだ自我を中心にしないと宇宙が語れない!受記を貰い第2の門をくぐって初めて法華経を理解できる大菩薩になれる!』

第1の門をくぐった物理学者達ではまだ自我を中心にしないと宇宙が語れない!受記を貰い第2の門をくぐって初めて法華経を理解できる大菩薩になれる!
■Video play time: 13 minutes 13 seconds ■ Video post date: September 4, 2020 ■Channel: 人間を越えた人のためのチャンネル
■動画再生時間:13分13秒 ■動画の投稿日:2020年9月4日 ■チャンネル:人間を越えた人のためのチャンネル

About this video contents この動画の内容

CHRIST・CODE
CHRIST・CODE

This text has been published with the permission of the video contributor.

Please note that we have made some additions and corrections to the text, taking care not to alter the essence of the content.

★Text of the words in the video: Kanon

★English translation of the text: Rico Avalokiteśvara

こちらの文章は、動画投稿者さまのご許可をいただいたうえで文章化して掲載しております。

なお、口語を文章化するにあたって、内容の本質を変えないよう細心の注意を払いながら若干の加筆修正を加えております。

★動画内のお言葉の文章化:カノン(KANNON.マハカルナ)

★文章の英語翻訳(全文):Rico Avalokiteśvara

カノン
カノン

I did my best to put it in writing. Please read it to the end if you would like.

The Difference between the Two ‘Vacuities’

がんばって文章にしてみました。もしよろしければ最後まで読んでみてくださいね。

English Translation

Text of the words in the video: Kanon

English translation of sentences: Rico Avalokiteśvara

Greetings

Hi, hello everyone.

This time, we are going to continue with the previous video.

【Previous video】

‘The Difference between the Vacuity that Schrödinger Talks about and the One that Shakyamuni Buddha Talks about! How to Enter the First Gate!

■Video play time: 12 minutes 07 seconds ■ Video post date: September 3, 2020

Erwin Schrödinger‘s view of The World in a Vacuum.

Schrödinger, Werner Heisenberg, Hugh Everett, Stephen Hawking, Albert Einstein.

The “World of Vacuity” as seen by these people and the one as seen by the Buddha (Tathagata).

I would like to talk about the difference between these two ‘World of Vacuity’.

Everettas, Heisenberg, Schrödinger, Stephen Hawking, Einstein, Niels Bohr.

These people are also ‘liberated from their desires’.

It’s the 8th dimension.

They’re looking at the state of the ‘First Nothingness’.

Their ‘selves’ have disappeared and they have become ‘arhats’.

But because they don’t have the Lotus Sutra, they have not been able to participate in the ‘Meeting in the Space’.

Physicists have not been able to participate in the ‘gathering in which arhats can participate’, but they have passed through the ‘First Gate’.

These physicists can only see the world where there is a self, even though they have no such things as their ‘egos (desires or vexations)’.

Schrödinger said,

“There is nothing in the 8th dimension. This nothingness is the state all gathered together.”

But Heisenberg said,

“If there was nothing there, you wouldn’t have the perspective to observe it! Mr. Schrodinger, I understand what you are saying, but then there is no ‘observer’ and no ‘observed’. In such a situation, there is no physics, is there?”

In other word, Heisenberg says, “A person cannot exist unless he or she is positioned somewhere in the vacuity.

That ‘position’ is the point.

The ‘position’ that Arhats are looking at are their ‘selves’.

There is an ego, its physical body, and planets in the space of the universe, on which the living environments are set up, and time flows from the past to the future.

When there are many societies of people, that’s when I believe that physics can exist.

Time flows from the past to the future.

And in that space, there are distances among planets, and there are also distances among human bodies.

So there is a relative world.

Then, from there, “So what in the world are we made of? And if you look at it smaller and smaller, such as the ‘nucleus’, which is a ‘quantum mass’, the universe is made of ‘quanta’, and ‘Each of us is a single electrical action, an electromagnetic force! And this is how we see it.

But even an arahant who has passed through the ‘First Gate’ cannot see the ‘correct cosmic image’.

This is because at the center of it is the ‘self’, the ‘ego’.

The ‘cosmic vision of the Tathagata’ that the Buddha talks about is;

At the heart of it is not ‘ego’, but the state ‘liberated from it and nothing any more’.

This is the state of ‘Nothingness’ that Schrödinger described.

In other words “Nothing is really all the information that’s been gathered”. However, when you are in this state of ‘Nothingness’ for arhats, what is at the center of it is not your physical ego, but the ‘Assurance’ of becoming a Buddha received from a Tathagata’.

I repeat, that is the ‘Assurance’.

Through the Buddha’s ‘Assurance’, you will say “I find that I have no self!” And to that ‘nothingness’, the Tathagata bestows it.

“Make a big bang and be born yourself in its space!

And in that universe, spread the Lotus Sutra to others, because the Lotus Sutra spreads into a relative situation.”

When a bodhisattva who received the Buddha’s ‘Assurance’, for example Wonderful Voice Bodhisattva (Gadgada-svara), is born in the third-dimensional world, he has a physical body there.

Even if he has flesh, the thought of ‘nothingness’ is completely ingrained in him.

When he received the ‘Assurance’, he was instructed as “Read the Lotus Sutra!”, so they will be led to do so in this world.

If he has read the sutra in his previous life, he can read it.

“I am nothingness. At the center of my Lotus Sutra, Shakyamuni Buddha is.”

“Being given the ‘Assurance’ from Shakyamuni Buddha, I was born into this world with a big bang!” he can understand this.

This is the cosmic thought of someone who has gone under the ‘Second Gate’.

Even if he was born with a body, he doesn’t have a self, so when he reads the Lotus Sutra, he will say,

“Ah, in the past, I was given the ‘Assurance’ by Shakyamuni Buddha to make a big bang and be born in this world. Being ordered as “Talk about the Lotus Sutra!”, I created this imaginary world and was born in it with this body!”

There is no such thing as a ‘self’ even if he has a physical body.

That’s why he can feel a buddha is at the center of his vacuity when he reads the Lotus Sutra.

Furthermore, the chapter of ‘Wonderful Voice Bodhisattva’ says that if you are a bodhisattva who received the ‘Assurance’, you were actually given by a buddha before Shakyamuni Buddha.

It was not Shakyamuni Buddha Nyorai, but ‘King of the Sound of the Thunder in the Clouds Buddha’ before him, who had given him his ‘Assurance’.

And furthermore, he will have to raise big bangs over and over, and have a physical body on each time, he will lead to read a Lotus Sutra of the Buddha of every world.

In this way, the Lotus Sutra has been spreaded throughout the numberless spaces.

So this time, he read the Lotus Sutra of Shakyamuni Buddha.

When he read the Lotus Sutra, he learned that he had gifted the ‘Assurance’ from ‘King of the Sound of the Thunder in the Clouds Buddha’,

and he came to this world to do the Bodhisattva’s deeds many times. and, again, reading Lotus Sutra of Shakyamuni Buddha,

He understood that the center of his vacuity was this three-dimensional world, where Shakyamuni Buddha was giving his ‘Assurances’.

Then, he noticed that he would go to the latest age of Shakyamuni Buddha’s Dharma In his next lifetime, and become a buddha.

He also finds that he would create his own new Lotus Sutra, and then you will take disciples and create his vacuity, and then he would realize that he was the one who causes big bangs all over the numberless spaces by giving his ‘Assurances’.

Those disciples, even though they have a physical body in that reborn world, they have no self, so they read the Lotus Sutra that he had left behind, and they could understand it.

There also is a world where you have become a buddha in the past, and you can find out that you had have received an ‘Assurance’ by a buddha, and instructed as”Make a Big Bang!” so you have come to this world.

Do you understand it?

The view of the universe that Schrodinger refered to is that of arhats.

Schrodinger, Niels Warr, and Heisenberg had gone through the ‘First Gate’ tentatively.

Even though they had passed under the ‘First Gate’, become arhats, and thrown away their selves, they had not gone through the ‘Second Gate’ of becoming believers of the Lotus Sutra.

They are only thinkable in things which are in this only one universe.

So, at the center of their vacuities are the egos of themselves.

If you look at this thing called outer space from that ego’s point of view,

this world is filled by many relative objects.

Even if you die and return to the quantum state, your self will still be there, so you can go back in time, or your ego can go back in time, or fly in the sky, or whatever.

Even if you go to every imaginable world, it’s still the other side of the world,

and it’s a world that your ego has created.

So unless you are really liberated and go through the ‘Second Gate’ of becoming a believer of the Lotus Sutra, you cannot understand the world view of it.

Liberation is the ‘First Gate’.

Physicists, for example Schrodinger, had been emancipated themselves,

They had not believed in ‘Second Gate’ of the Lotus Sutra.

They haven’t received ‘Assurances’.

They have not entered the ‘Second Gate’.

Therefore, even after reincarnation, their center will always be themselves.

Even in the afterlife, they will still be themselves.

But, for ‘Wonderful Voice Bodhisattva’ and the other ‘Super Bodhisattvas’ who believe in the Lotus Sutra, who have passed through the ‘Second Gate’,

Shakyamuni Buddha or the other Tathagata is at the center of their mind when they are reborn by your own power.

When you read the Lotus Sutra, you can understand that “A tathagata is!”

“Oh, I see. I’m absolute vacuity with no substance or other thing, but I came to this world with a big bang, and at the center of it is Tathagata, who gave me the ‘Assurance’!” You can see that.

And then, you realize that You’re going to spread this Lotus Sutra with a virtual ego in this virtual world and that you are spreading in that world of virtual humans!

That’s the difference between the ‘First Gate’ and the ‘Second Gate’.

So those who haven’t gone through the ‘First Gate’, those who haven’t even become arhats.

They don’t even understand physics.

So, for these people, there is only one three-dimensional world, and they think roughly that when they exhaust their lifespan, they will be dead and just come to their end with it or go to another world.

They don’t even understand the laws of this world, that of the other world, and physics.

And so, in the end, I believe that there is a God somewhere in the sky, and that we humans are here because he created this three-dimensional world.

That’s the worldview of Okawa-san, a cult founder in the Showa era, isn’t it?

He will say, “There is a God somewhere in the sky, and he has made this 3-dimensional world!”

Huh? If that’s the truth, there’s no need for tathagatas and bodhisattvas! (# ゚Д゚)

Hey, you understand it?

This is the worldview of those who have not passed through the ‘First Gate’.

Even in the views of the world of arhats, who have passed through the ‘First Gate’ e.g. Heisenberg, Schrödinger, Einstein, and Steven Hawking, are that, in the end, the universe is not able to be understood without focusing on their selves. This is physics.

Wonderful Voice Bodhisattva’ and the other ‘Super Bodhisattvas’, who have gone under the ‘Second Gate’, are reborn by themselves because they have received the ‘Assurance’. Then, because they have no self, even if they have physical bodies, when they read the Lotus Sutra, they can realize that they are just absolute vacuites.

They have been born into this world with a big bang at the command of buddhas!

In this world, they will use virtual images to see other people and clarify the Lotus Sutra.

Then they will let all these people enter the gate of the Lotus Sutra and liberate them, so that they too can become bodhisattvas who will make their Big Bangs, and then they will create the future buddhas.

And the infinite number of bodhisattvas who are spreading this future Buddha and the Lotus Sutra. And tathagatas who gave their ‘Assurances’.

Assurances’, and ‘Lands of Buddhas’ in perfect vacuites, the self in a virtual image that was born from the ‘Concentration in which One Can Take on Any Form’ from there, and the other people in a virtual image; they will have these people be turned into bodhisattvas and reborn.

Then they will all become future buddhas.

Infinite future buddhas, infinite bodhisattvas, and infinite buddhas who have given numberless ‘Assurances’.

This relationship exists.

Those who have passed through the ‘Second Gate’ will be able to establish this relationship.

The ‘Third Gate’ is, after all, to completely understand the Lotus Sutra and give their ‘Assurances’ by themselves!

So it means that they are going to become tathagatas.

In the chapter of ‘Wonderful Voice Bodhisattva’, he is telling us that he has come to the step before he becomes a tathagata in his next rebirth.

When he has attained liberation and enlightenment in his next rebirth, when he has become a buddha,

It was only when he realizes that he has to be a tathagata to give his ‘Assurances’ that he goes through the ‘Third Gate’ and gets a spiritual awakening.

Take a disciple and liberate him, create a vacuity, and grant his ‘Assurances’ there. This is the extreme place of liberation.

From there, infinite bodhisattvas, infinite buddhas as your own other selves. And furthermore, infinite future buddhas in their lineages. As soon as this one freely connected world is born, the bodhisattvas in that world become buddhas everywhere.

Furthermore, by giving so many gifts, infinite and flexbly interrelated worlds are created, and an ‘Infinite World’ is completed.

Do you understand what that means? These four stages.

These four stages

The ‘First Gate’

It’s about becoming an arhat. But if you just become that, you don’t give up who you are, so all you get is a physics view of the universe.

The ‘Second Gate’

To believe in the Lotus Sutra.

To become a vacuity and receive an ‘Assurance’.

Then you can create a big bang at will and realize the Lotus Sutra, and, no matter what kind of world you are in by entering into ‘Dharma Samadhi in which One Can Take on Any Form’, you can get yourself into the ‘Concentration Termed Dharma Flower’ That is the ‘Wonderful Voice Bodhisattva’.

In that world, when you become aware of the Lotus Sutra, you will say,

“Oh, I’m not myself, I’m nothing!”

“At the heart of myself is the ‘Assurance’ from my Tathagata!”

“Because I received it, I was born with a big bang.”

This is written in Chapter 10, ‘Teachers of the Dharma’.

So, you have to be reborn many times to become a buddha.

The ‘Third Gate’

It’s the ‘Third Gate’ that you realize you have to become a Tathagata and give ‘Assurances’!.

The ‘Fourth Gate’

When you have attained the life of a buddha and give your last ‘Assurance’, the ‘Fourth Gate’ will be completed.

When it is accomplished, you will be in the peak of liberation.

The four steps of emancipation are these gates.

A person who cannot even get through the first gate does not understand physics.

So, that is a god of Shintoism.

The one who is a Japanese god or in Yahveh’s Old Translation of the Bible.

Even after entering the world such as they live in, who caused its Big Bang has not been revealed.

It has not been known that a buddha generated it.

This is the characteristic of and people who believe in ethnic religions or have not been able to pass through the first gate.

Well, do you understand it?

From the ‘First Gate’ to the ‘Fourth Gate’, those who cannot go through even the ‘First Gate’.

Do you understand this relationship?

日本語による文章の全文

2つの『真空の世界』の違い

はい、こんにちは。

今回は前回の続きになります。

【前回の動画】『シュレディンガーの語る真空と釈迦如来の語る真空の違い!第1の門の入り方!』
 ■動画再生時間:12分07秒 ■動画の投稿日:2020年9月3日

エルヴィン・シュレーディンガーが見ている『真空の世界』です。

シュレーディンガー や ヴェルナー・ハイゼンベルクヒュー・エヴァレットスティーヴン・ホーキングアルベルト・アインシュタイン

こういう人たちが見ている『真空の世界』と、お釈迦様しゃかさまが見ている『真空の世界(如来にょらいの見ている真空の世界)』。

この2つの『真空の世界』の違いを今回お話します。

エヴァレットとかハイゼンベルク、シュレーディンガー、スティーヴン・ホーキング、アインシュタイン、ニールス・ボーア

こういう人たちも、『解脱げだつ』はしているんです。

8次元ですね。

『最初のくう』の状態を見ています。

『自分』というものが消えて『阿羅漢アラハン』になっています。

だけど『法華経』がないので、『虚空会きょくうかい』に参加できていません。

物理学者たちというのは『阿羅漢が参加できる虚空会』に参加はできていませんけど、『第一の門』はくぐっています。

その物理学者たちは、一応『自分(我欲煩悩)』というものは存在しないんですけど、『自我』がある世界しか見ることが出来ないのです。

シュレーディンガーは、

8次元には何もない。この何もない状態が全て集まった状態である。

と言いました。

しかし、ハイゼンベルクが

何もない状態だったら、それを観察する視点もないじゃないか! シュレディンガーさん、あんたの言ってることは理解できるけれども、それでは『観察者』もいないし、『観察されるもの』もない。 そういう状態では物理学は成立しないんじゃないか?

『真空の中のどこかに位置が決まらないと人は存在できない』とハイゼンベルグは言っているのです。

その『位置』というのがポイントです。

阿羅漢が見ている『位置』というのは、『自分』というものなんですよ。

『自我』というものがあって、そこに肉体があって、宇宙の空間の中に惑星があって、その上で生活環境が整って行き、時間というものが過去から未来に流れてゆく。

そこに社会がいっぱいあって、そこで初めて『物理学というものが存在する』と考えている。

過去から未来に時間が流れる。

そしてその宇宙空間の中では惑星と惑星との間に距離があり、人と人との間にも距離がある。

相対的な世界があるわけです。

すると、そこから「じゃあ自分達はいったい何で出来ているんだ?」と、『量子の塊』である『原子核』があるとか、どんどん小さく見ていくと、宇宙とは『量子』で出来ていて、「自分達というものは一つの電気作用であって、電磁気力である!」と、このような流れで見ていきますね。

しかし、『第一の門』をくぐった阿羅漢でも、『正しい宇宙像』は見えない。

その中心にあるのが、『自分』という『自我』だからです。

お釈迦様が語る『如来の宇宙観』というものは、

その中心にあるものは『自我』ではなく、『解脱して、もう自分は何も無い』

という状態です。

これは、シュレーディンガーが語った「もう何も無い」という状態です。

『何も無いというのは、本当の全ての情報が集まった状態だ』という風に言えるんですけど、ところが、この『何も無い』状態のアラハンになると、その中心にあるのは、自分っていう肉体の自我ではなくて、そこにあるのは『如来の授記』なのです。

『如来の授記』なのですよ。

如来の授記によって「自分というものは何も無い!」と、その『何も無い自分』に対して如来が授記を授けます。

「ビッグバンを起こせ!」と。

そして、その世界の中で、法華経が相対的な状況に広がるから、法華経を他の人に広めてあげなさい。

妙音菩薩とか受記を受けた菩薩が3次元世界に生まれると、そこで肉体を持ちます。

肉体を持ちながらも、自分は何も無いっていうこの状態が完全に身についています。

そこで、「法華経を読め!」と授記を通して命令されているので法華経を読むことになるのです。

法華経を読むと、その法華経が読めるんですよ。

『自分は何も無い。その法華経の中心には、シャーキャムニ如来がいる。自分は、釈迦牟尼如来シャーキャムニにょらいが授記を授けてビッグバンを起こしてこの世界に生まれてきた!』

──ということを理解できるんですよ。

これが『第の2門』をくぐった人の宇宙想なんですよ。

肉体を持って生まれてきても、『自分』というものが無いから、法華経を読むと、

「あぁ、過去で自分は釈迦牟尼如来から授記をもらってビッグバンを起こしこの世界に生まれてきた。法華経を語れ!と如来に命令されたから、そのために自分は仮想世界をつくって、この肉体を持ってこの世界に生まれてきた!」と。

肉体を持ちながらも『自分』というものは無いから、法華経を読むと、『その真空の中心には如来がいる』ということがわかるのです。

さらに『妙音菩薩品みょうおんぼさつほん』では、『あなたが授記をもらった如来であったら、実は釈迦牟尼如来の前の如来から授記もらっていた』と書かれています。

釈迦牟尼仏如来ではなくて、その前の『雲雷音王仏うんらいおんおうぶつ』から授記をもらっていたのです。

そしてさらに、何回も何回もビッグバンを起こして肉体を持つのであるが、その度にその世界の如来の法華経を読むことになるのです。

そうやって法華経を世界に広めてきたのです。

それで今回は、釈迦牟尼仏如来の法華経を読んだのです。

その法華経を読んで、自分は雲雷仁王仏から授記をもらい、何回も

菩薩行をしてこの世界に来て、また再び釈迦牟尼仏如来の法華経を読んで

その中心とは、釈迦牟尼仏如来の授記があるこの三次元世界であったと知るのです。

そして自分は、次の一生で釈迦牟尼仏如来の末法の時代に行ってそこで自分は如来になり、

新しい自分の法華経をを作ってそしてそこで弟子をとって真空を作ってその弟子たちに授記を授けてあちこちでビッグバンを起こさせる存在であると気づくのです。

その弟子達も、生まれ変わったその世界で肉体を持ちながらも自分というものが無いので、あなたが残した法華経を読むことになり、理解が出来るのです。

あなたが如来になった過去の世界もあって、そのあなたが如来になった如来から授記をもらい、ビッグバンを起こせ!と言われたのでこの世界に来たんだということを理解できるんですよ。

わかりますかね?

シュレディンガーが言ってる宇宙観は、アラハンの宇宙観です。

シュレディンガーやニールスウォー、ハイゼンベルグは、一応第一の門は潜ってるんですよ。

第一の門はくぐってアラハンになって自分は無くなったんです

けど、法華経に帰依するという第二も門がくぐれていないんです。

彼らはあくまで、このひとつの宇宙空間にあるものの中でしか、ものが

考えられないのです。

だから、その中心にあるのは自分という自我なんですよ。

その自我から見てこの宇宙空間というものを見てみると、この世界は総体的な

いろんな対象物のある世界であるのです。

死んで量子の状態に戻っても、自分っていうものがあり続けるから、そこから時間を戻るとか、自分っていう自我が時間を戻ったり、あるいは空を飛んだり、あるいは

想像できるあらゆる世界に行っても、それは結局あの世っていうもので、自分の自我が

作り出した世界なんですよ。

ですから本当に解脱して法華経に帰依する第二の門をくぐらないと法華経の世界観は、分かりません。

解脱するってのは、第一の門です。

シュレディンガー達は、解脱してるけど

法華経っていう第二の門に帰依していません。

授記をもらってないんですよ。

第二の門に入っていないんです。

だから、生まれ変わってきても常に中心は自分っていうものになります。

あの世に行っても自分っていうもの。

だけど法華経に帰依した、第二の門をくぐった妙音菩薩や、スーパー大菩薩達が

自分の力で生まれ変わってくると、その中心には自分ではなくて釈迦牟尼仏如来や如来がいるのです。

法華経を読むと如来がいる!とわかるんですよ。

ああそっか。自分は、実態も何も無い真空なんだけど、ビッグバンを起こしてこの世界に来て、その中心には授記を授けた如来がいる!と分かるのです。

それで自分は、この法華経を広めるためにこの仮想世界に仮想の自我を持って

仮想の人間たちがいるその世界に、法華経を広めているのだ!と気づくのです。

これが第一の門と第二の門の違いですね。

ですから第一の門が潜れてない、アラハンにもなってない人達は、

物理学も分からないんです。

だから、この人達には三次元世界は一つで、寿命が終わると死んでただ終わりとか、

あの世に適当に行くとか考えるのです。

この世の法則も分からない。あの世の法則も分からない。物理学も分からない。

それで結局、お空のどこかに神様がいて、この三次元世界を作ってくれて人間があるんだと思っています。

これでは、昭和の教祖様の大川さんの世界観なんでよね。

「お空のどこかに神様がいて、この3次元をつくってしまいました!」by大川

は?それだったら、如来や菩薩の必要ないじゃないですか!(# ゚Д゚)

ねぇ、わかります?

これが第一の門をくぐれない人たちの世界観です。

第一の門をくぐったアラハン。

ハイゼンベルグやシュレーディンガーやアインシュタイン、スティーブン・

ホーキングの世界観というのは、アラハンでも結局は、自分というものを中心にしないと宇宙を理解できないのです。これが物理学なんですよ。

第二の門を潜った妙音菩薩やスーパー大菩薩達は、授記をもらってるから、自らの力で生まれ変わってくるのです。そうすると、自分というものがないから、肉体を持っても法華経を読むと、自分というのは何もない真空なんだと気づく事ができるのです。

如来の命令でビッグバンを起こしてこの世界に生まれてきたのだ!

この世界で仮想映像を使って他の人達を見て法華経を解き明かす。

そしてあらゆる人達を法華経の門に入れてあげて、解脱させてその人達もビッグバンを起こす菩薩にしてあげて、そして未来仏を作り上げる。

そして、この未来仏と法華経を広めている無限の菩薩達。そして授記を授けた如来。

授記。そして何も無い真空の仏国土。そこから、現一切色身三昧で生まれてきた仮想映像の自分。そして仮想映像の他の人。この人達を菩薩にして、生まれ変わらせるのです。

それで、皆が、未来仏になるのです。

無限の未来仏と無限の菩薩達と無限に授記を授けた授けた如来達。

という、関係が成り立てます。

第二の門をくぐった人達は、この関係が成り立つようになるのです。

第三の門が結局、法華経をすっかり理解して自分で授記を授けよう!

と、如来になるってことですね。

妙音菩薩は、次に生まれ変わって、如来になる一歩前の段階まで来ているのだと妙音菩薩品で語ってるんですよ。

次の如来になった生で、解脱して悟りを開いた時に

自分は如来として授記を授けさせなくちゃいけないんだと気がついたのが第3の門を

潜った如来の悟りなんですよ。

弟子を取って解脱させて真空を作ってそこに授記を授ける。これが解脱の極地です。

そこから無限の菩薩達、無限の自分の分身の如来達。そしてさらにその無限の未来仏達。このひとつの、融通無碍に繋がった世界が生まれると同時に、そこにいた菩薩達はあっちこっちで如来になります。

さらに授記を授けまくって無限の融通無碍の世界が無限にできて無限億土が完成した状態になるんですよ。

分かります?この4段階。

第1の門

阿羅漢アラハン』になることです。

ただ、アラハンになっただけでは『自分』というものを捨てきれてないから、『物理学的な宇宙観』しか得られないのです。

第2の門

法華経に『帰依きえ』すること。真空になり、『授記じゅき』をもらうことです。

そうすると、ビッグバンを自由自在に起こして『現一切色身三昧げんいっさいしきしんざんまい』でどんな世界にいても法華経に気がついて、『法華三昧ほけざんまい』に入ります。それが『妙音菩薩みょうおんぼさつ』です。

その世界で法華経に気がつくと、

「あ、自分ではなくて自分は何もない! 中心にあるのは、如来の授記である! その授記をもらったから、自分はビッグバンを起こして生まれてきたのだ!」

これが、10章法師品に書いてあります。

そこで何回も生まれ変わって『如来』になるのです。

第3の門

「如来になって授記を授けなければならない!」と、気がつくのが『第3の門』なんですよ。

第4の門

如来の一生を経て最後の授記を授けると、『第4の門』が完成するのです。

『第4の門』が完成して初めて『解脱の極致』になるんです。

以上の『4つの門』ですね。

『第1の門』も潜れない人っていうのは、『物理学』もわからないんですよ。

ですからそれが日本神道の神様達なんですよ。

『日本の神』とか、『ヤーべ』の旧訳聖書の世界ですね。

あの世界に入っても、誰がビッグバンを起こしたかっていうのが解き明かされていないんですよ。

如来がビッグバンを起こしたってことが解き明かされていないんです。

これが民族宗教とか、『第1の門』を潜れてない人たちの特徴なんですよ。

『第1の門』から『第4の門』まで。その門を潜れない人たち。

この関係は分かったでしょうか?

Major links to people’s names and words in the article

記事内の人名・単語のおもなリンク先

One of the largest online dictionaries in Japan, “Weblio Japanese Dictionary”

“Wikipedia”, the free encyclopedia

国内最大級のオンライン辞書『weblio国語辞典』
フリー百科事典『Wikipedia』

So, what’s next? さて、お次はどうなさいますか?


この記事を書いた人
この記事を書いた人
観慈在 優智香

『統一場理論』としての『仏法』を学んでおります。
名前の読み方は『かんじざい ゆうちきょう』です。
どうぞ、お気軽に『ゆう(Yû: You)』とお呼びくださいませ。

I am studying "Buddha's code" as "Unified field theory".
The way to read the name is "KanJizai Yûchikyo".
Please feel free to call me "Yû: You".

もしも私の「ニセモノ」が現れたのであれば、
その人物に、こう問いかけてみてください───

授記・仏国土・現一切色心三昧・無生法認。
この四つの言葉の意味を説明することができますか?

───と。

観慈在 優智香をフォローする
シェアする
CHRIST・CODE
タイトルとURLをコピーしました